気持ちのいいオナニーがしたいならやっぱりツーショットダイヤル

一人きりでやるオナニー、気持ちがいいですか?
まぁオカズが何にしても、イってしまった直後は「何をしてるんだろう」なんて思ってしまうことも多々ある自分ですが、それを充実したオナニーにするために必要なのが、ツーショットダイヤルです。

オナニーではなく、一人プレイをする

通常、自分で性器を扱くのはオナニーになりますが、相手が居ればテレフォンセックスになります。
つまり、オナニーではなく、一人プレイです。(屁理屈とか言わないでくださいね)それを簡単に実現できるのが、ツーショットダイヤル。

相手を探すのにも、サイトを探すことで簡単に見つけることができます。
自分はギャル系から熟女まで幅広くストライクゾーンに入るので、基本的に誰とでも相手をしてもらえます。もし、目的の子が居なくても別の子を指定することができます。

プレイの時は、手でするのも良いですが、やっぱりオナホが必需品ですね。安く購入できるので、たくさん買いだめをしています。
商品によっては、実際にセックスをするよりも気持ちいいものもあるので、試しがてらツーショットダイヤルを利用していると言っても過言ではないでしょう。
オナホにはたっぷりとローションを付けるのが自分流なのですが、椅子に座っているとなかなか後片付けが大変なので、床の上でレジャーシートを敷くようにしてます。

準備をしているときと、後片付けをしている時はちょっぴり悲しくなる時もありますがw、やっぱりプレイ中は充実しているので、おすすめです。

相手によっていろいろな道具を用意する

SM系のサイトになると、相手のお姉さんが巧みな話術で攻めてくれるので、Mっ気のある人にはとってもおすすめです。
特にお勧めなのは、熟女系の人。
耳元で艶っぽい声を出してくれるのも相まって快楽が増えます。SM系の電話をするときは、ローターを用意したり、ちょっと刺激の強い道具を用意したりするのもおすすめ。

ギャル系の子と一緒にするときは、パソコンでAVを流したり、グラビアのきわどい画像を出したりして妄想力を高めることも大切ですね。自分は巨乳系が好きなので、憧れのアイドルの写真を前にぜったい出来ないようなプレイをすることができるのも興奮します。

萌え系になると、エロ漫画などのイラストを見ながらオナホを用意したりすることで、また違ったプレイを楽しめます。
なによりもおすすめしたいのは、好き嫌いをなくしてまんべんなく楽しむことで、多くの相手とセックスをしているような自信を付けることができます。
もちろん、実際の女性の方にもたまに出会ってみたいものですが。

若い子も熟女も楽しめる場所で満足プレイ

風俗などいろんな性体験をしてきましたが、今ではツーショットダイヤルにハマっています。
家から出ることなく相手と出会うことができ、オナホを使えばとても充実したオナニーをすることができますし、なにより面倒なことがない、とても魅力的です。

はじめは若い子ばかり

サイトの説明には、年齢層を選ぶことができるところがあったので、なんとなく同い年くらいの子をいつも指定していました。
若い子はおしゃべりも目的なようで、エッチなこと以外にも、世間話をすることもありました。
また、声だけ聴くとみんな可愛い子ばかりなので、PC画面にグラビアアイドルの写真を映しておくとさらに妄想が捗るのでおすすめです。
それに最近は、たくさんの種類のオナホがありますので、女の子によって変えたりして、自分なりの楽しみ方を持っていました。

携帯にイヤホンマイクを繋いで、椅子に座って画面には好みの子の画像を出しておき、オナホを温めてローションを掛けておいて準備万端の状態でアクセス。

相手が出たら
「セックスをしているような感じで」
と注文すれば、相手もそれに合わせてくれるので、自分の気持ちをリセットします。
そして、プレイスタート。自分は相手に挿入しているつもり、相手は挿入されているつもりでプレイを進めます。
相手も良い感じに荒い声を出してくれるので、それに合わせて手元を動かします。
果てたあともゆっくり動かすことでリアルな体験かできます。

たまには熟女も

そんな感じで若い子ばかりを相手にしていたのですが、時折新しい刺激が欲しくなるので、試しに熟女に出会うことにしました。
正直言って、ガチャ切りを覚悟していたのですが、電話に出たのはなんだか色気のある声の方。

ちょっと続けて話してみようという気になりました。
若い子なら、話す時間もあったり、自分がリードすることが多いのですが、相手は熟女。
一筋縄ではいきません。
最初から熟女がリードを取っています。

「じゃあまずは握ってみる?それとも舐めてみる?」
なんて言葉を掛けてくるので、思わず「口で…」なんて返事をしてしまいます。
それからも、耳元で囁くように的確にエロイことを言い放ってくれるので、若いことは違い、オナホを動かす手もなんだか緩慢になります。
がつがつと動かすようなものではなく、ねっとりゆっくりと動かします。それが熟女の声にもマッチして、良い感じです。
さすがに、熟女の画像をPCに映すことはしていませんでしたが、途中でこっそりイヤホンマイクに変えたのは内緒です。